スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ようやく
ようやく・・・
1


人生初の自作PCが完成しました!!!

いやーここまでくるのに長い道のりでした。(´Д⊂グスン
ショップの人を呼ばず自分の力を信じて、マニュアルとM/Bとにらみ合って原因がわかりました!。
Windowsのインストールからはもうお手の物です。゚+.(・∀・)゚+.゚

まだBIOSの警告音がなっているんですが、原因はキーボードと判明。
さて、それでは・・・スペックぽいのを大公開!


CPU Intel Pentium4(LGA775)630 3.0Ghz FSB 800Mhz
M/B AOpen i915Ga-PLF (HT対応)
(サウンド 7.1chオンボードサラウンド)
Memory ノーブランドのものでDIMM DDR-SDRAM400 1GB CL3
拡張でつけたグラボ ELSA nVidia GLADIC 740 DDR2 256MB(リネ2推奨グラボ)
GeForce6600搭載みたい。
HDD 160GB 7200rpm HGSTのやつ(BL品w)
ディスプレイ LCDの19型で応答速度12ms
(俺が買ったときは特価品で26k今PCサクセスでみたら同じものが29kですた)



上が基本仕様みたいなもの後光学式ドライブもフェイスの通販で買ったBL品だったり
安物の特価品だったPCケースを買ったため、マザーボードベースもドライブベイさえも外せないパチもんだったり
いろいろ前途多難というか、初の自作にしては結構冒険したような気がします。

とりあえずこれで、めでたくDol復帰!!しますので
またよろしくお願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト
2006/04/08(Sat) | 大航海日誌 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://framer.blog60.fc2.com/tb.php/9-6ad2e4ca
AOpenがいいと思う
LAG775対応の静音400w電源付です。パッシブダクトがCPU温度の低下効果で大変効果的に作られています。HDDも前面ファンの後部に取り付けますのでHDDの温度も大変低い状態でPCを稼動させることができます。ケースのデザインは派手ではないですが、しっかりとしたつ ケースをあげる【2007/08/19 13:13】
AOpen H360A-BLACK II
"300W電源搭載 マイクロATXケース[スペック]・フォームファクタ: Micro ATX、flexATX・電源: 300W(FSP300-60SV)・材質: スチール・ドライブベイ: 5”x1、3.5”x1、シャドーx1・搭載ファン: 背面 9cmx1・カラー: ブラック&シルバー"・PCケース Antec P1 ケースがいいと思う【2007/09/24 07:23】
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。