スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
大きな仕事を終えました・・・
メニュー欄にセンター入試までのCDを設置してあって、
こういうことを書くのもなんですが・・・

実は先週、とある大学の推薦入試(指定校制)を受けてですね

今日合格通知が届きました!!!!。

( ´ー`)フゥー...

 ようやく・・・大きな仕事を終えました。指定校推薦をとれたということで
 受験生としてはかなり楽して終えたと思います。このツケが大人になってどう反映されるかわかりませんが・・・。何故指定校にしたかというと、とにかく両親が「必ず寮に入ること。浪人は一切認めない。」と頑なに譲らなかったこともあり、なにせ夏頃志望していた大学は、偏差値が予備校によってかなりバラツキが生じていて的を絞れない→合格までのメドが建てにくい。ってこともあり、さらに遠くから来る方もかなりいるので寮がいつも抽選になるという話で、どっちも親の条件をふまえると。「んな無茶な話があるか」となったわけです。去年国公立大学をでたばかりの従兄弟に相談したところ、その従兄弟は1年浪人したわけですが・・・、「ぶっちゃけ大学なんて入れるところ入ればいいよ。よっぽどやりたいことが無い限りは。大学によって全然変わるってこともないから。」と言われました。
 因みにこの話をされたときはまだ親にさっきいった条件を告げられてません。だからまぁその時はそんなもんか~と思ったわけですけどね、僕は最初の志望校に夢を抱いていた部分もあったので浪人1年は覚悟してやるだけやってみようと思っていました。しかし、その後親にさきほどの条件を告げられて、何しろ「浪人は絶対に認めない」これはかなりでかかったです。それまで図書館にいって1日8時間近く勉強していたんですが(マジで)なんだか馬鹿馬鹿しくなってしまって、元の生活に戻ってしまいました・・・。この心境の変化の原因は所謂「頑張るだけ頑張って、入れるところ入ればいいよ。」っていう選び方がとても怖かった。実際模試などを受けてどの辺いけるかメドをつけて、情報を収集するのもいいんですが・・・それだと、最初からある程度縛られることになって。「まぁいいかぁ」と諦めなければならない事態になりますから、大学入ってから後悔しそうで一番怖いです。だから

「やるからには志望校を合格するまでやる。」
「やらなければ、今の実力に見合った大学で魅力のあるところに進む。」

この二つに絞っていました。中途半端が一番怖い。それに、結構自分自身あきらめが悪い人間なので・・・一度受験して落ちたから、やめるって多分いえないです。なので諦めはなるべく早く。おとしめも早くつけよう。と決心しました。これが秋頃。

丁度この頃、指定校制推薦の校内選考についての触れがでて、事情が事情なのでまだ具体的に考えてなかったモノなのでどうしよう。と悩んでました。すると、丁度リアフレが受ける大学の情報学部が定員一人なんですが、空いていました。空いてる原因はまだ新設で、就職に対する不安があるからだと思います。それでもとおもってパンフレットを取り寄せて、いろいろ調べました。
 まだこの時点では一度志望校を受験して、落ちても親の反対を押し切って勉強して入ろうか・・・っていう考えもあったんですが、親と18年付き合ってきた経験からでた結論は「それはありえない」なんせ世間体を気にする親だし。また商売が親しくいろんな人と触れあう商売で、何故浪人を認めないのか聞いたら。いろんな人に「絶対浪人だけはさせちゃだめだ。現役の頃の成績よりあがるなんてよっぽどの事がない限りありえないよ。」と口裏合わせたようにいわれていたようで、だから絶対に許さない。ということは

1 志望校不合格→行ける範囲の大学を調べる→納得のいく大学じゃないが、行けそうだからとりあえず志願→合格→入学→やっぱり俺はここじゃ(ry→4年間遊ぶ→就職できず帰郷→家業を継ぐ

2 志望校不合格→行ける範囲の大学を調べる→納得がいかない→進学断念→家業(ry

どっちに転んでも、いいとこなし。自分のやりたい勉強もできず、経験もできず、就職を迎える・・・それだけはどうしても勘弁。それに一番大事なのは、うちの家業は体を使う仕事であって僕自身いわゆる「もやしっ子」なんでかなり苦労するだろうということが予想できるということ。また対人商売ですからストレスもかなり感じるだろうし、結局すぐダウンするのがオチ。それじゃあまりにも情けない。またずっと愚痴を言い続けて仕事をするのもなぁ。っていう事も考えていました。

 さて、さきほど書いたフレも志願していた大学・・・調べたらばとても興味を引くカリキュラムを発見。しかもここ、最初の希望校への編入も編入学試験にうかった大学として、外部からは唯一の大学でもあったので、編入のチャンスあり!というのも推す理由になりました。寮も大量に備えてあって・・・親に話をしたらあっさり承諾。これで迷いが消えて指定校制の出願を希望しました。評定はギリギリだったので、まさに「行けるところの中では高いところ」ということになりました。結果はスムーズに校内選考もクリアし見事合格となったわけです・・・。

 めでたく合格しましたが、全然浮かれた気分になれません。楽をすればツケがくる。というのは当たり前のことでこのツケがどこでやってくるのか、不安があります・・・。でもまあこの先4年間。やれることはやりきろうと思ってます。
スポンサーサイト
2006/11/17(Fri) | 受験奮闘記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

おお、色々と大変ですな。そしておめでとうー
ちょっと大学の話。
日本のシステムはあんまり分からないけど、大学は義務教育とは一味違う環境で「考え方」を学ぶところだと思う。いい教授に出会えたら色々面白くなるし。 
四年間楽しむのだーw
by: Florentine * 2006/11/24 04:55 * URL [ 編集] | page top↑
--おめでとうございます♪--

大学合格おめでとうございます(^^)

それから、いつもラジオにご投稿くださって
ありがとうございます。

これからも、たくさん悩んで
でも自分で道を選んでがんばりましょうね♪
by: ローリア・ヴィ * 2006/12/06 12:27 * URL [ 編集] | page top↑
----

いまさらながらですが、コメントにて祝辞をば。
合格にいたるまでの状況を把握できました。まぁ僕と似ているプロセスだなぁ思いました。

で……
勉強は、適当にこなしましょう。また好きな分野で先生と意見が対立するところがあったら、礼儀正しく疑問をぶつけましょう。ちなみに僕はとある先生の授業方針に意義を唱えて、授業をボイコットしたこともあります。(笑)
呼び出しを食らいましたが、自分の考えをしっかり説明をしました。そして最終的に成績は最優秀をもらいました。
そんなタチの悪い学生だったわけですが、大学の先生はしっかり見ています。好きなカリキュラムはこだわりましょう。
それといま見つからなくてもいろんなカリキュラムを最初は受けまくってみてください。期待していなかった分野が面白かったりその逆もあります。単位なんて進級時に間に合っていれば良いんです。(笑)

で、大学は遊ぶところとよくいわれます。日本の大学はそのとおりだと思うんだけど、この「遊び」を勘違いしないように。人に迷惑をかける遊びは良くないです。好きな分野の勉強で遊ぶんです。
僕は自分の大学の第一期生で先輩がいなかったけど、先輩とも後輩とも良い人間関係を作ること。勉強と同時に、サークル活動(学園祭活動)なんかは絶対良い経験になるでしょう。
それから、授業内容によると思うけど、授業なり、なんなりでプレゼンテーションをよく行います。DOL内とはいえユーザーイベントをこなしているユウ君だから大丈夫だと思うけど、これをしっかりとしたものに仕上げるように勉強しましょう。これは学校での成績以上に、社会に出たとき大きなアドバンテージになるはずです。

と、説教じみた長文コメントになり失礼しました。あとは卒業の3月まではあそびまくれ!(笑)
by: リンク * 2006/12/11 13:24 * URL [ 編集] | page top↑
--ありがとう--

長々と放置してしまって・・・(´・ω・`)
まずは、コメントありがとうございます。

実は今大学の課題が届きましてDOLやりつつ、やってる状況です。
うーん、さすが「文理系」というなんとも微妙な表現をされる学部なのに
工科大だと数学がすこぶるムズイw。
この冬休みと三年の自宅学習の期間を使って、もう一度数学やらないとなあと思ってるところです。
by: フレイマー * 2006/12/11 20:35 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://framer.blog60.fc2.com/tb.php/69-908d06b3
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。